搜尋
  • E 飞

迷你故事「微笑的玛嘉莱」/ミニストーリー「微笑みのマルガライ」【ZH/JP】

已更新:2021年10月8日




这篇迷你小文是在我修士一年级“企划开发演习”的课上的一个课题,课题要求阅读伊塔罗·卡尔维诺的《看不见的城市》的第一篇短文,并以此想象一个城市,并绘制3张描绘城市样貌的绘画。


このミニストーリーは修士一年の企画開発演習の課題として書いてあった。課題の内容はイタロ・カルヴィーノの「見えないの都市」の一つ文を読み、ある町を想像しながら、三つの街の風景を絵描く。



首先我参考了我喜欢的TRPG游戏《龙蛋物语》中城市创建表,思考了一下这个城市中会有一些什么样的设定。


まずは好きなtrpgゲーマ「りゅうたま」の町つくりシートを参考して、この町にどのような設定が持っているのは考えた。





之后我花了一个晚上编写了下面的这段文字。


次は一晩をかけて、以下の文字を書いてあった。


====================================正文=====================================


玛嘉莱的微笑


五朔节的钟声响起,巨大的水晶被被火焰照的通红,人潮汇聚在穹顶市场的圆形大厅,从那些不论何时都不会展现出一丝微笑的众神雕像旁穿过,像洄游的鲑鱼一样试图挤到迪奥米拉最高山丘上的水晶剧场。

不知是多少年之前的迪奥米拉,当水晶剧场突然出现在在荒野上时,荒野的信仰就一直传承了下来。每到五朔节,剧院里就要上映一幕幕歌颂众神和冒险英雄们的史诗,来庆祝这座伟大的城市,至少曾经是伟大的城市。五朔节的最高潮是传统的剧目,也是那些聚集在迪奥米拉的人,最爱的剧目“水晶誓约”。故事讲述了,一位雕金工艾巴洛斯(Everlus)爱上了一位歌女朵拉尼安(Doralian),艾巴洛斯对朵拉尼安承诺,他会像那些冒险家一样,深入东方的水晶山脉深处,但他不为追寻财富,只为寻找一颗能永远将朵拉尼安最美的脸庞留在里面的水晶。艾巴洛斯历经了重重困难,来到了水晶山脉的地下深渊,他在这里遇见了十二矿石神的水晶之神——波洛里乌斯(Bolorius)。波洛里乌斯,同意给他一块能留住别人最美一面的水晶给艾巴洛斯,代价就是需要他为波洛里乌斯的宫殿上雕刻精美的叙事诗,让波洛里乌斯成为宫殿里最大的神像。艾巴洛斯不负迪奥米拉优秀雕金匠之名,没用了多久就完成了波洛里乌斯提出的所有要求。波洛里乌斯告诉艾巴洛斯,他可以用这块传说中的水晶留住她最美的脸庞但是他在此之前不能将水晶拿出来看一眼。艾巴洛斯带着这块水晶回到了太阳底下的迪奥米拉,他发现时间已经过了20年,他找到了年近中年的朵拉尼安,此时的朵拉尼安容华已不复当年。当艾巴洛斯从怀里拿出那颗宝石时,朵拉尼安从里面看到了她正值芳华时的容貌。艾巴洛斯和朵拉尼安最终在迪奥米拉,度过了一生。当五朔节的钟声再次响起时,雕有朵拉尼安和艾巴洛斯雕像的石棺缓缓吊进了墓地。以上是,是百年之前被尊为歌剧女神的玛嘉莱(Margaley)所创作的歌剧。脍炙人口的歌剧吸引无数冒险者进去钻石山脉寻找发财的机遇,也吸引无数游客来到美好的迪奥米拉欣赏世间绝无仅有的歌剧演出。自此玛嘉莱被迪奥米拉尊为歌剧女神,成为了站立在众神百年的神像中的一员。

“水晶誓言”的曲目完毕,当迪奥米拉的所有人又都聚集在剧院,餐馆和摆满五彩琉璃灯的居所里让五朔节成为一个不眠之夜时,有一个人影出现在了众神广场之上。他来到了玛嘉莱的雕像前,将一颗水晶镶到了玛嘉莱雕像上一处与其他地方的颜色略微不同,雕刻的精细白银装饰的地方上。

雕金工希尔凡(Sirvan)明白在五朔节的晚上听到的“水晶誓约”的主人公艾巴洛斯就是他自己,而真正的朵拉尼安也没有等到他给她献上传说中那块能记录永恒的水晶。他在地底没有等到水晶之神的契约,只有大地之神给予的奴役诅咒与腐烂的躯体。在他的灵魂被奴役的百年里他为这位神明雕刻了数以万计的精美雕像,而这一切都被留在了深邃的地下无人知晓、无人过问。终于他向大地之神索要他应得的报酬,神给了他一副锡制的躯体和一块水晶,以及一句熟悉的话,他可以用这块传说中的水晶留住一个人最美的脸庞但是他在此之前不能将水晶拿出来看一眼。于是,希尔凡在五朔节回到了迪奥米拉,在熟悉而陌生地剧院看完了玛嘉莱为他创作的歌剧,倾注了所有美好愿望的歌剧。之后,希尔凡在众神广场找到了玛嘉莱的雕像。精美的雕像上他发现了百年前他送给玛嘉莱的白银项环淹没在一片精美的白银装饰中,他取出了神给他的那颗水晶,将他小心翼翼地镶嵌在了当年他留下地孔洞里。望着水晶剧场的光线衬托出的玛嘉莱的脸庞,希尔凡无法控制地把视线游向了项环上的水晶。


五朔节的第二天迪奥米拉的警卫团卫兵的日报中写道

五朔节记录五十三

在金鸡发出第二声鸣叫时,有人向警卫团报告

在众神广场的西南侧歌剧女神玛嘉莱的神像脚下发现了一块不知道是从何而来的锡制板

锡制板的形状不像是手工制而像是有人倒了一大桶滚烫的锡水在地上

警卫团于当日把这块锡板搬到了雕金工会


每当欣赏完歌剧的人,来这座镶满白银与锡的雕像向伟大的歌剧女神献上敬仰之情时,人们总会产生一种错觉,仿佛他们能在项圈上那颗朴素的水晶中,看到露出笑容的玛嘉莱在高声歌唱。


微笑みのマルガライ


五月祭の鐘が鳴り、炎が巨大なクリスタルを照らして真っ赤にさせられている。ひとごみは丸屋根の市場に集まり、少しても微笑まない神々の銅像の傍らに通して、回遊しているサーモンのようにディオミーラの最高の丘にある瑠璃劇場に詰め込んでいる。

どのぐらい月日が流れているだろう。瑠璃劇場は荒れ野に現れた際に、荒れ野の信仰がそのまま残っている。五月祭に至って、この偉大な街を祝うために、神と冒険の英雄への叙事詩が劇場に上映している。『クリスタルの誓い』というオペラは五月祭のクライマックスとする伝統的な劇ともに、あらゆるディオミーラに集まる人が一番好きな劇とも言える。この劇は、彫金師スミス(Smith)が女優のマリア(Maria)に恋を陥った。他の冒険者ように、東の水晶山脈の深い奥に潜り込んでいくが、富や名誉を取るわけではなく、マリアの最も美しい顔を保てるクリスタルを見つけるためだけに、スミスはマリアにそう諾した。スミスは諸々の難関を乗り越えて、水晶山脈の地下深淵にたどり着いた。十二鉱石神の水晶の神、ボロリウス(Bolorius)はスミスの目の前に現れした。ボロリウスは人の最も美しい顔を保てるクリスタルをスミスにあげることを承諾した。その代わりに、スミスはボロリウスの宮殿に美しい叙事詩を彫刻してくれないといけない。スミスはディオミーラ優秀な彫金師の名を汚せず、程なくボロリウスのすべてのリクエストを完了させた。すると、クリスタルの力で彼女の最も美しい顔を保っても構わないが、この前に何のことを起こしてクリスタルを一目みてもいけないとスミスに伝えた。スミスはこの水晶を太陽の下のディオミーラに戻した、そしてもう20年が経過したことを気が付いた。彼はほぼ中年のマリアを見つけたが、今のマリアの容貌が若いところに戻られなかつた。スミスはそのクリスタルを出しているうちに、クリスタルからの若いマリアの容貌が彼女の目に入った。スミスとマリアはついにディオミーラで幸せな一生を終わらせた。五月祭の鐘が再び鳴り初まるとき、マリアとスミスを刻んである石棺をゆらりと墓地に入れられたというストーリーを語っている。以上は、数百年前にオペラの女神マルガライ(Margaley)という名をつけられた人物を作ったオペラである。人気のオペラは無数のセレブになれる機運と出会いを求めている冒険家を魅了して水晶山脈に足を運び、また、美しいディオメラに数えない観光客を魅了し、世界でユニークなオペラ公演を楽しめる。これから、マルがライはオペラの女神の名を残し、神々の銅像の一員になった。

『クリスタルの誓い』を終わった後で、ディオミーラあらゆるの人が再び劇場、揚げ物屋といっせいに色とりどりの瑠璃ランプを散らして置いてあるお部屋に集まり、五月祭を眠れない夜にするつもりだ。この度、ある人影は神々の広場に現れた。彼はマルがライの銅像前に止まって、一つクリスタルをマルがライの像にある色がちょっとだけ違って、巧緻に作った銀のチョーカーにはめ込んだ。

彫金師シルヴァン(Sirvan)は『クリスタルの誓い』の中に聞こえたスミスという主人公が自分だということがはっきり分かれている。本物のマリアは彼にその伝説中のクリスタルを貰わなかった。彼は地下にクリスタルの神の契約を貰わず、ただ生命と大地の神から禁固の呪いと腐る身体を齎すだけだった。シルヴァンの魂が禁固させていた数百年間に、この神様に数万件の像を彫刻してあげて、しかし、あらゆるのことは誰でも知らず誰でも問わず幽遠の地下に埋まれている。ついに、シルヴァンは神様に得るべき報酬を要した。神様は錫製の体と一つクリスタルを彼にやった。それに伴い、なじみ深い話しを聞き取れてしまい、クリスタルの力で彼女の最も美しい顔を保っても構わないが、この前に何のことを起こしてクリスタルを一目みてもいけない。そうすると、シルヴァンは五月祭の際にディオミーラに戻ってきた。なじみがあるかないかを感じられず劇場で、マルがライが彼のために作って美しい願いを注ぎ込んだ作品を無言で見た。そして、シルヴァンは神々の広場にマルがライの銅像を見つけた。美しい銅像には彼数百年前にマルがライに送った銀チョーカーは燦々なる銀の装飾に没している。彼は慎ましく神様からもらったクリスタルを取り出して、わざと残したチョーカーの穴に嵌め込んだ。瑠璃劇場の光はマルがライの横顔を照らして、シルヴァンの感情を制御出来ず視線をチョーカー上のクリスタルに移ってしまった…


五月祭の翌日

ディオミーラの衛兵団の日誌に載っていた

五月祭記録 五十三番目

金の鶏の二番目の鳴り声が聞いた時、衛兵団に通報を届いた

神々の広場の南西側にあるオペラの女神マルがライの下に

どこから分からず錫製の板が発見

板の形は手作りじゃなくて、熱い錫の水を地面にこぼしたらしい

当番係員はこの板を彫金師ギルドに運んできた


オペラを鑑賞した人々は銀と錫の女神像に向いて偉大なるオペラの女神に敬意を差し上げる時、常にチョーカーにはめてある質素なクリスタルを通して、微笑んでいるマルがライが歌っていると思い違ってしまう。


=============================================================================


最後はイメージ図を描く








39 次查看0 則留言